02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

ちっちゃくなっちゃったメイ 


移動火葬車に来て頂き、最期の体重測定で、なんと700gになっていました。

2㌔がが、1,45㌔まで、痩せてしまったとがっくりしていたのが、1月の事。

わずか、2ヶ月で、又、その半分になっていました。

うちに迎えた時と、ほぼ同じ体重。

近所の公園の近くで、(無臭・無煙)の火葬をして、我が家に車が戻って来ました。

車庫の前で、お骨上げとなりました。

お骨は、いろいろな事を語ります。

「立ったり、歩いたりのご不自由は、ありませんでしたか?」

メイの足の付け根は、摩滅していました。

発作だけの問題ではなく、足には、問題がありました。

痛かったのかもしれません。それで、晩年、あんなに、こけていたのかも。




腫瘍特有の部位は、腹部と首にありました。

腹部への癌の疑いは、真実でした。更に、首にまで転移していたなんて。

甲状腺か食道だったのか・・・


メイの体内は、ぼろぼろだと思っていたけど、それ以上にひどかったと知りました。


それを知り、それでも、ここまでがんばってくれた事に、メイへのありがとうの気持ちと、
楽になって、良かったという気持ちが、更に強くなりました。


そして、お骨上げの時に、なんとか帰宅が、間に合ったパパ。




地震以後、発作が増え、食欲がなくて、手で介助して食べていました。

23日の早朝に嘔吐を繰り返し、食べる事も飲む事もせず、発作を繰り返し、横たわるように。

そして、「あーん、あーん」と一定の調子で鳴き続けていました。

何度めかのコットンを水に浸し、横たわる口元を濡らしてあげた、
思えば、最後の時、穏やかな顔になったような気がしました。

そして、メイは逝ってしまった。


亡き姿より、もっと、もっと、ちっちゃくなって、おうちにいます。



2011_0319_122115-_DSC9861.jpg

ほんの少し前に、シャンプーカットした時の写真が、最後のお座りしている写真となりました。




心が、凍りついているのか、思い切り、泣く事が出来ずにいます。

でも、メイの亡き後、お友達の暖かい気持ちに支えられています。




メイが、大好きなじぃじに抱っこされたり、先に虹の橋に行ったお友達と
遊んでいるなぁと空を見上げます。



         寂しい。。。














































[edit]

trackback: -- | comment: 22

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード