01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

1歳未満のコ、要注意 

「大腿骨頭壊死」(レッグ・ペルテス)について、私が知っている事を書きますね。


◎骨が、腐った状態ではなく、血が通わなくなって、骨組織が、死んだ状態。
壊死した骨頭が、変形、崩壊する。

◎成長期の小型犬、1歳未満のコがなりやすい。

◎なりやすい犬種の中に、マルチーズは、書かれていませんが、私のお友達のコも
この病気で、手術をしています。

◎原因について、院長先生は、よく分かっていませんと。

ただ、いろいろと調べてみると、遺伝性が大きいようで、去勢、避妊を勧められています。

◎私が、間違えたように、膝蓋骨脱臼(パテラ)と症状が、似ています。

後ろ足の発症が、ほとんどで、足を浮かせたり、引きずったりします。

痛みを伴うので、股関節を触られるのを嫌がり、鳴いたり、うずくまったり、食欲不振にも。


◎私は、なんで、もっと早く、気づかなかったのかと思いました。

でも、大腿骨頭壊死(発生)と症状が出る(発症)と時期が、違う事が分かりました。

◎予防方法はありません。

◎経験を積んだ獣医なら、触診で、パテラとは違う事が分かりますが、レントゲン撮影で確定です。

MRI・CTで、確認する病院があります。

進行性なので、ほぼ、手術が必要となります。

◎獣医によって、意見は違いますが、両足に出る確率(10%~)があります。

◎リハビリは、術後の様子、病院で様々なようです。


レイとヒットする親戚さんで、1歳未満のコ要注意



レイの場合、我慢強いのか、痛みに強いのか、食欲もあり、股関節も触らせてくれます。

ナナに、ちょっかいを出したり、私やパパの後をついて歩いて、以前とあまり変化なし。

ダッシュして、ナナの後を追いかけようとしたり・・・おい、おい。。。

ただ、大きな違いは、右足をあげている時間が、増えている事


人も「大腿骨頭壊死」を起こします。

人の場合は、アルコール性、ステロイド剤の多用、他いろいろな原因が。

美空ひばりさんも、同じ病気で、手術され、杖をついて、退院されましたね。



レイの行った病院は、約4年間、メイの通院した所です。

整形の症例は、特に多く、他病院からの紹介、他の病院で治療がうまくいかなかったコ、
私のように、セカンドで来て、そのまま、定着する方も多いです。(メイの階段落ちの時)

自分の病院で、出来ない検査や病気は、積極的に、他院を紹介してくれます。

ただ、待ち時間は、ながーいのを覚悟。(院長先生指名の場合)

でも、先日、久々に行ったら、再診は、予約制が導入され始めていました。



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さん、コメントやメールを、ありがとうございました。

そして、電話で、長時間お話したり、昨日、会いに来てくれたお友達に、感謝の気持ちで
一杯です。

21日に診断を受け、ブログアップをした時が、私の気持ちの底で、昨日からは、

お掃除をさぼっていましたが、全部の窓を開け、ルンバ君じゃない掃除をしました。

そして、窓の外に向かって、鼻で吸って、口から、ゆっくり、息を吐き(腹式呼吸)、その時、
一緒に、イヤな思いを、吐き出すイメージで、しばらく、落ち着くまで

家の空気の入れ替えも出来ました




お友達の同じ病気をしたコの手術前後の頃のブログを読みかえしたり、電話でお話が出来ましたし、
術後、元気になって、何度か会っています。

病気の話ではない、他の話にもひっぱって下さって。

それは、私以上に、まさか、まさかの男のコを、迎えたお友達もそうです。
病気の事、私の気持ちを聞いて下さった上に、違う話は、気分転換で、笑ってしまったり。

ただ、ただ、私の気持ちを聞いて、同調してくれたお友達もいます。

昨日、会ったお友達は、いつも以上に、話が、飛びまくる私を、キャッチしてくれました。

部屋着で、すっぴん、クロックスで、会えるお友達に、なってしまった。。。
(いけないと思いつつ、する気になれず)

わんを通して、お友達に、とっても恵まれました


私は、考え方の癖で、ショックから、落ち込んでしまいがちだけど、以前より、回復は早いです。

心のどこかの灯りを消さない限り、「くじけな」は、あり、ありと思っています

そして、何よりも、うちのコは、全力で守りますから。

私に、出来る事は、なんでもします。



2012_0217_112629-_DSC0502.jpg
「ここに、いれば、おいていかれない!」


2012_0217_112642-_DSC0505.jpg
「ママ、ぼくをわすれていない?」


2012_0217_112641-_DSC0504.jpg
「ママをしんじていいよね。」
                                  17日(金)旅行出発前撮影


レイ、大丈夫よ。

ママは、レイを守るから。

へたれる事もあるけど、ママは、がんばるからね。



お友達が、レイの話を知った瞬間、やっぱり、えりちゃんの所に来るべきコだったと思ったそうです。

まさかの男のコのレイ。選んで、選ばれて、うちのコだもん。

メイが行っていたからこそ、はじめから、その病院に行けて、当日、手術も決められた。

やっぱり、メイから続いている



























[edit]

trackback: -- | comment: 14

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード