07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

術中写真なので、怖い方は、スルーを。 

術中の写真を、白黒にして、アップするので、苦手な方は、スルーして下さいね。


12時までに、来院の予定でしたが、午後3時までにの変更電話あり。

駐車場に、空きがない時があるので、午後2時半頃到着。空きがあり、そのまま、病院へ。

午後2時48分、抱っこしながら、点滴開始。

午後4時45分、麻酔、術前準備のため、レイを先生に、ゆだねて、待合室へ。

先生方のスタンバイ後、呼ばれる。

レイの姿は、布に覆われて、全く、見えない。

立ち上がって、見ていたら、院長先生と目が合い、にっこり笑顔で?うなづいて頂き、
深く、お願いの礼をする。

目だけしか、見えていない先生の顔だけど、とても、心強い。



午後5時25分、手術開始。

2012_0301_173417-IMG_0095.jpg
左側のチューブの奥に、手術する部分のアップが見られる画像と椅子の用意あり。



2012_0301_174112-IMG_0097.jpg
大腿骨頭部分

2012_0301_174503-IMG_0103.jpg
骨頭切除
2012_0301_174524-IMG_0104.jpg


2012_0301_174551-IMG_0106.jpg
骨頭取り出し
2012_0301_174601-IMG_0107.jpg

2012_0301_180357-IMG_0110.jpg
縫合終了 午後6時8分


待ち合い室で、又、待機。

レイが、病室のゲージに入って、顔を見てから、詳しい説明を聞く。

2012_0301_183318-IMG_0116.jpg
取り出した、骨頭部分。

一番分かりやすい写真だけど、一方方向なので、皆さんには、分かりずらいと思う・・・

私の薬指の第一関節の半分位の大きさ。(レイの体重、約2,9㌔)

筋(割れ目のような)が、入っているのが、確認出来て、もう少し、重力がかかるか、
時間がたっていたら、完全に、割れて、全壊していた。

筋が入っていた部分の壊死部分は、白く変色して、血液が通っていなかった。

そのため、出血量が、少なかった。


今後の事など。

食事がとれていれば、日曜日退院。

2週間後、抜糸。それまでは、家の中で、歩く練習。

抜糸後、ほとんどのコが、毎日、お散歩をする事で、筋肉をつけていき、骨切除後の部分に、
繊維が増えて、四足歩行が出来るようになる。

少数だが、痛みの強いコは、プールでの、負荷をかけないリハビリあり。

この病気は、5ヶ月~14ヶ月までのコに、出る。

両足のコはごく、ごく、少数。



私は、血を見るのが、苦手で、もしかしたら、見ていられないかもと思っていた。

でも、局所のアップ画像で、出血も少なく、レイの姿は見えず、撮影まで出来た。


メイの最後の1年を担当して下さった先生が、術中、隣に来て、画像の説明をして下さった。

メイの亡くなった報告にも、お礼にも、来なかった事を、改めて、お詫びする。

1月のステロイドの注射は、先生も、良くも悪くもなると思ったそうで、その後、家で看取ったのは、
メイにとって、幸せだったと言って下さった。

お骨から、腹部だけではなく、首にも癌があったようで、甲状腺かと?の私の話に、
ずっと、リンパが、大きく腫れていたので、そちらの可能性が大きいと・・・

去年の1月に、診察を受けたのが、最後。

その後、忙しい病院で、どれだけ、多くのわんの診察をしていたのに、メイの注射やリンパの事も
覚えていて下さっていて、ありがたい気持ちで、一杯に。


そんなレイの手術中でした。






















[edit]

trackback: -- | comment: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード