09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

葛藤、変わりゆく時  バッチフラワーレメディ 

FC2に引越しをしたのは、もっと、自由に、自分の思いを書きたいため。

それなのに、「嫌われたくない!」気持ちが強い私は、ブログの中まで、
出来るだけ、平和主義。
でも、もう、気付き、変わり始めた私は、今までとは、違うスタイルになると思う。

ただ、どこから、どこまでを綴って良いかの迷いはある。
「セントーリー」で、51年を生きてきたのを、変えようと努力中だけど、
かなりの苦悩と葛藤の中にいます。

私は、「バッチフラワーレメディ」を学んでいます。
レメディが、キッチンの置物になる時期もあったけど、今は、一緒。


「健康は、魂、心、体の完全な統合である。」

バッチ博士の哲学は、生来人間が持っている、霊的な性質と人間としての完成に
基づいたシンプルでかつ奥深いものである。
病気は、私達の霊的な自己と限りある命をもった自分との間の葛藤の結果として
起こる事に、他ならない。

病気は、衝突が起こった事への反応として現われる。
私達が、自分の人生の目的に、他者が干渉する事を許すと、疑いや恐れが生まれ、
無関心な態度になるなどして、葛藤が起こる。


そして、38種類のレメディを学び、今、自分の抱えている問題の根本にある原因を探し、
服用。
もし、間違ったレメディを選んでも、害はなく、効果が現れないだけで、副作用なし。


「セントーリー」

ノーと言うのが難しく感じる人達。
彼らは他人から押し付けられるままになって、いじめられる事さえある。
小心で、受身で、自分の意思が弱い事が多い。
他人を喜ばせようと、気を使い過ぎて、卑屈なまでの譲歩をする。
そのような状態に、不満を持ちながら、対決する危険をおかすよりも、
自分の意思や使命感を否定する道を選ぶ。
正しい事をする事に、神経を使い、しばしば、他人の指示の影響を受けやすい。
他人の事で疲れさせられ、自分を主張する事を知らず、
エネルギーが欠けている事が、多い。


私の場合、幼少期からの両親の刷り込みだと思う。

「こういう人にならないと、いけません。」「はい。」

「こんな子に育てた覚えはありません。」「ごめんなさい。」

子供の時って、自分の家のあり方が、すべてだと思うので、そうだと思い込む。

今年は、いろいろな事があり、
51歳になっても、「セントーリー」である事に、気付き、驚いてしまった。

でも、もう、嫌だ!

という事で、今、生まれて、初めての反抗期。

このままでいいや・・・と、もう、思えない。

ただ、だからといって、スムーズに変われるはずはない。
この状況が、長過ぎたし、相手は変わろうと思っていない。



「ウォルナット」

変化に適応しにくい人や、ある考え方や環境や影響に対して、過剰に敏感に
反応する人達のためのもの。
人生の大きな変化の時期のためのレメディ。
古いしがらみや束縛を断ち切って、新しい状況へ移行するのを助ける。
又、変化により生じた後悔の念に対応する時・・・・・・役立つ。

ウォルナットが必要な人は、はっきりとした理想や野心を持ち、
人生で前進する意欲に満ちているのに、より強い性格の人の影響や、
制限の多い環境や家族のしがらみや過去との関わりで、引き戻されたり脇道にそれたりする。
彼らは、一時的に他の人の性格の影響や、起こっている問題の影響を受けてしまう。


ここでは、マイナスの面を記したけれど、プラスの指標も学んでいます。

「ウォルナット」は、歯が生え変わる時期、思春期、妊娠、離婚、更年期、引越しや
終末期に、死に向いやすいようにしたり。

メイの亡くなる前日から与えていたのは、レスキューとウォルナットのレメディ。
又、夜鳴きや混乱している時にも、私の感じるレメディを与えていました


今、嵐や雷で、興奮したり、体調不良になるコがいるけれど、まずは、レスキューレメディで
試されていると良いかもしれません。

私達、人間より、動物、植物は、ピュアなため、効果が分かりやすい。


2012_0609_084130-_DSC1855.jpg
自分の足で、しっかり立ちたい

嵐の中で、揺さぶられる木々

しなやかに戻る木々を見ていると、そうありたいと思う

私は、大変で、どっこらしょ!と声が出る

それでも、踏ん張りたいと思う


2012_0609_102133-_DSC1865.jpg
今、変わりゆく時


2012_0609_085245-_DSC1860.jpg
ナナとレイが共にいてくれる事が、ありがたい


2012_0608_190606-_DSC1812.jpg
あなた達のパワーも借りて、倒れても、立ち上がる

あきらめない


























































[edit]

trackback: -- | comment: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード