07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

今の私  あなたへの思い 

私は、これから、自分の事、体験を書いていきます。

どこまで、書くかは、分からないけれど、
母、旦那君の事を書かないと、進みません。

ただ、抑圧されたけど、より、その状態に持っていたのは、
私自身です。


何が、大変かって、自分の51歳の性格を、考え方を変える。
これは、すさまじく、大変。
自分を壊しながら、自分を立て直すのだもの。


8月のはじめ、9月のはじめ、3人で旅行をしました。
もちろん、ナナとレイも一緒。


大蔵省は、母で、運転手は旦那君だけど、
ふたりを連れて行く気持ちでした。

ながーい車中で、母と会話しながら、旦那君に響くように
旦那君と話しながら、母に響くように。


一貫として、ふたりに対して、毅然として、揺るがない私でいました。


8月はじめの旅は、ただ、分かって欲しくて。

ひとり、ひとり、価値感が違う。
それは、大事だけど、自分の価値感を押し付けないで。

この範囲で、えりは、いなくてはいけないと、
枠にはめるのは、止めて欲しい。

ふたりの言動に対して、高ぶらず、丁寧に説明する。
怒りに任せての言葉は、心に響かないもの。

とても他人行儀な言葉使いになります。

「あなたは、そう言いますが、私は、こう思います。
いかがでしょう?」
ひとつ、ひとつを。

そして、その後も、私は、いろいろと、体験し、気づき、変わる。
昨日の私と、今日の私は、少し、変わっている。


だから、9月のはじめの旅は、違ってた。

ふたりが、どれ程、がんばって生きているかが、分かってきたから。
ふたりのがんばりには、「すばらしい!」と賞賛する。
ただ、譲れない部分は、「違うと思う。」と、きっぱりと言う。
これを繰り返し。


なんだろう。私、何をしているの・・・

でも、もう、元の私には、戻れない。
進むしかないもの。


ずーっと、苦悩や葛藤しながら、放したり、受け入れながら、歩いています。


以前、私の師が、「えりさんが、苦しんでいる時に、誰かは、喜びに輝いています。」と
言いました。

私、言わなかったけど「ふざけるな。なんで、私よ!」と思った。


でもね、この苦悩と葛藤の深さと、すさまじさに思う。
お会いしていなくても、私の知っている誰かじゃなくて、良かった。
私の友達じゃなくて、本当に、良かった。
私で、良かった。

私が、苦しんでいる時、どうぞ、誰かが、喜んでいますようにと
心から思います。

そして、私が、こうして、発信する事で、
誰かの何かに、ほんの少し、ちょっぴりの響きある事を祈ります。

この時代、いろいろな事を不安に思ったり、心身の不具合に苦しんでいらしゃる方が、
少しでも、楽になれるようにと思います。


2012_0904_072533-_DSC2121.jpg

今生、ご縁があり、母であり、旦那である、私の大切なふたり。
ふたりを苦しめる何かがあるなら、私は、戦います。

そして、かわいいナナとレイ。

私は、気づき、放ち、又、受容しています。





















































[edit]

trackback: -- | comment: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。