05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

全く、違う診断結果  涙 

19日(火)午後1時半、院長予約のため、午後1時には、病院に到着。

私は、手術を院長先生にお願いして、早く、リハビリを開始しようと
決めていました。

呼ばれたのは、午後4時過ぎで、会計がすんだのは、午後5時過ぎ。
まだ、院長先生を待つ、たくさんの飼い主とわんこ達がいました。



レントゲンと院長先生の触診結果で、レイは、膝蓋骨脱臼(パテラ)
グレード1~2
手術レベルでは、全くないと診断されました。

えー!!!

あまりにも、違う診断結果に、大声を出してしまいました。


私は、先日の病院で、お皿がずれているレントゲン写真を見ているし、
すぐにでも、手術という説明も聞いているので、驚いてしまった。

レイは、去年の3月時の手術の時より、パテラの具合は良いが、
時々は、はずれ、自然に戻る状態。
そのはずれた時の、レントゲン写真ではないかとの事。
その他、いろんなお話をして、院長先生の診断に、納得。


そして、院長先生は、床にお尻をついて、座られました。
レイは、遊んでもらえると思い、喜んで、後ろ足立ちをし
前足をふりふりして、激しくアピールしたり、走り廻ったり。

私もしゃがみこんで、その様子を見て、先生と話していました。

時に、先生は、レイを引き寄せて、真剣な顔で、後ろ足チェック。

「こんなに、元気で、やんちゃなんだから、大丈夫!」

私が、診断の違いに、驚き、とても心配な顔をしていたから
院長先生は、こうして下さったのかもしれない。




整形外科として、有名なこの病院に、MRIやCTはありません。
設備の整ったリハビリ施設は、あるけれど。

触診の技術が、今の院長、前院長とも、優れているし、
飼い主の納得のいくように、診察して下さるからだと思う。

ただね、たくさんいた先生達は、数年厳しい修行?をすると
独立される事が多い。
院長先生の後が、育っていないように、感じるのだけど・・・



レイは、前回の手術時に、全体をチェックしてもらい、
気管支の一部が狭い事、頚骨形成不全がある事が分かっています。

①若いうちから、心肺を鍛える

②右大腿骨とう壊死手術でなくなった骨の代わりとしても筋肉をつける

③パテラの進行を抑えるためにも、しっかり筋肉をつける

毎日1時間は、お散歩をする。
歩けるなら、もっと、たくさん歩いて良い。

朝晩のお散歩も良いと言われたけれど、私が無理だぁ。
坂道のアップダウンは、特に良いらしい。。。

これは、パパと一緒に行く休日散歩がそうで、
私が、一番くたびれる。

そして、今がベスト体重なので、太らせない!!
コレは、重要だと言われました。



元々は、毛がなくなる程、体を噛む事が、尋常ではなく、病院受診。


16日の土曜日のトリミング時は、手術に備えて、足は、棒のように、
細くカット。
その夜から、又、かじかじと前足の付け根から、関節まで噛んでいました。
止めさせようとしても、止めない。

これは、気圧の問題ではないなぁ。
痛いのが、ストレスになっているなら、かわいそうに思っていました。


でも、院長先生には、分離不安や足の痛みとは違う
思い当たる病名があったようで、説明後、2週間分の
サプリメントのような薬?とシャンプーが、出ました。

「かじかじを止めない時は、つなぎや、袖のついた服を
着せてみたらどうですか?」

「でも、先生、つなぎは、足に悪いでしょう?」

「全然、平気です!」   えー そうだったのぉ






メイが11歳の時に、近所の病院で、「靭帯が伸びていて、手術」と
言われ、整形外科として、有名なこちらの病院をセカンドに。
異常なしと言われ、そのまま、最後までお世話になった病院。


そのため、レイが、足をけんけんさせた時に、受診。
大腿骨とう壊死と診断され、手術をして、
2週間後の抜糸から、すぐにリハビリを開始。
(その様子は、2012年3月からのブログに)

院長先生への信頼は、厚く、こちらの診断を信じる事に
しました。

全く、違う診断ですが、飼い主の決断です。



会計を終えて、駐車場で、車に乗り込むと、突然、涙が。
手も震えて、ぼろぼろと泣きました。

「良かった、良かった」と繰り返し、言いながら・・・




月・木は、午後休診(手術のため)水曜休診
院長予約がとりにくく、予約しても、かなり待つ。

予防接種や軽い病気でのかかりつけ医には、向いていないと
改めて、思った。

今回は、レイの皮膚の事で、しばらく通院になると思うけれど、
半日がかりは、覚悟しないといけない。

それでも、院長先生に診察して頂けるなら、がんばる!!!





大腿骨とう壊死の手術をしたコ、膝蓋骨脱臼のコを持つ皆さん、
医師のアドバイスは、様々です。

信頼できる先生のアドバイスに従って下さい。

レイの病院、医師が、診断後、運動を奨めているだけですから。


2013_1112_134530-_DSC2967.jpg
キッチンで、作業中も私を見ているレイ


皆さんには、大変、ご心配を頂き、ありがとうございました。

手術の時や、納得がいかない時は、セカンドオピニオンは、
とても大事だと思います。




2013_1001_144346-_DSC2908.jpg


皆さんに、大きなパワーを頂きました。

私もあなたの困っている時、お返しがしたいです。

感謝の気持ちで、一杯です。
どうも ありがとございました。







































[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 布製のエリザベスカラーを知っている?  |  もやもやした気持ち、ありがとうの気持ち »

コメント

知らなくて、びっくりしました。

えりさん、心砕かれましたね。
最近は、パソコン開かない日もあるので、久しぶりに、ブログ更新して、びっくりしました。
レイくんは、私や娘にとって、ハムの双子ちゃんのような気持ちなんです。
レイくんの痛みと、えりさんの心の痛みに、今は、無事でよかったーとしか、言葉が出てきません。
わんこは、病気や不調を伝えるツールが、普段と違う行動でしか表現出来ないから、的確な判断が難しいですよね。

ありがたいことに、これって?病気は、何にもない野生種の我が家のわんこ達です。
マルチーズは、激しい運動は、必要ないって、書いてあるけど、筋力アップも、いいのかな?
我が家は、筋肉質な子が、多いです。体力温存型のぽにょをのぞいてーね。
なんだか~獣医さんとの出会いも、縁もあるのかな?とか、思いながら、えりさんと、レイくんの笑顔思い浮かべてまーす。

ぽにょママ #- | URL | 2013/11/21 14:46 * edit *

ぽにょママさん、コメントをありがとうございます。

お友達に、信頼出来る病院がある事が、うらやましいと
言われて、大変だったけれど、その通りだと思いました。

ハムりんと双子のように、思って下さって、うれしいです。

メイは、2㌔だったし、お散歩にいっても、抱っこをせがむので、
あまり、お散歩に行かなかったけれど、4㌔のナナは違う。
歩きたくて、走りたくて、長くても2時間散歩だけど、もっと、
もっと、歩けると思います。
筋肉質なのを、先生にほめられました。

レイもナナと一緒に、せっせと歩いていますよ~
ただ、大きな違いは、他のわんちゃんに、あいさつをしたくて
しょうがない事。
人もわんこも大好きなレイです。

えり #GMs.CvUw | URL | 2013/11/25 09:53 * edit *

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード