07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

夢を持つ事にした 

私のお花歴って、生花の師範の資格はあるけれど、
中身は、伴わず。
だって、みんなとのおしゃべりや玄関に飾って、
華やげば、それで、良かったもの。

その後のドライフラワーやプリザーブド教室も
同じ理由。
家に、自分の作品を飾りたかったから。
メイ亡き後は、生花も飾りたくて、少し、レッスン。


だけど、今年から、みんなとレッスンして、
先生の真似事をさせて頂くと、とても、楽しく、
充実している。



私は、お花の技術やセンスに自信がない。
まぁ、自分自身にもないから、当たり前かも。

「自信」って、な~に?
自分の能力や価値などを信じる事


それなら、もう1度、お花のレッスンを再開して、
技術とセンスを磨こうと思った。
今度は、いつか、教室を開ければ良いなの夢を持って。

夢は、必ず、かなうものじゃないけれど、
今まで、何かになりたいという夢や希望を持たずに
過ごしてきた私には、大きな変化。

今は、学びの時。
しかし、遅い、スタート・・・
まぁ、私らしいですかね。

先日、アートとプリザのレッスンを始めたけれど
ブログで、素敵なドライフラワーの作品を見て、
レッスンの申し込み。
高速を使いつつ、1時間の運転で到着。


「春を待つブーケ」
2014_0222_172401-DSC_0241.jpg

教室にある、冷蔵庫のような大きさの正体は、乾燥庫
市場で、生花を買われて、ご自分で、乾燥させている資材も多い
だから、ドライのバラが、こんなにもきれいな色


2014_0222_172503-DSC_0244.jpg

しばらくぶりに、少量だけど、ユーカリと
雪柳を組んだ。
ただ、束ねるのではなく、組む。

昔、習った頃には、グルーガンがなかったけれど、
ずーと、作業が楽。

雪柳の曲線を生かし、ユーカリの縦は、重なり過ぎないように。



「フラワーケーキ」

2014_0222_172147-DSC_0237.jpg

実物たくさんのラウンド型
千日紅や小さなばらを、ぴょん、ぴょん立てて。
まーるく、まーるくと呪文を唱えながら。

2014_0222_225633-DSC_0253.jpg

2014_0222_172051-DSC_0235.jpg
逆光が、似合うのは、ドライフラワーだけかも・・・


先生に、「技術が伴わず、お恥ずかしいです」とお話したら、
習っていなかったら、組む事もラウンドの意味も知らないですよ。

それから、目から鱗が落ちるお話もして下さり、
とっても楽しく、有意義なひと時を過ごした。

習って来た事って、なんにも、無駄な事はないのね。
生かせる事を知って、夢がふくらみました。

53歳のスタートは、いつか、実を結ぶのかなぁ。

それとも、そんな夢を持った事もあったなぁと思い出になるかなぁ。
自分の入った老人ホームで、お花を教えるのも、
夢がかなったという事で(笑)

翌日は必ず、メンテナンスに、鍼灸マッサージに行きながら。
ババ臭いけれど


馬場俊英さん「スタートライン

















[edit]

trackback: -- | comment: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。